アイスホリックの戯言

ice cream-holic girl

新・カフェフラッペ 自宅で作る方法

個人的評価

オススメ度:
コスパ:
甘さ:
見た目:

基本情報

種類別:
ラクトアイス
販売者:
赤城乳業
価格:
250円(税込270円)
内容量:
215 ml
カロリー:
173 kcal
アレルギー表記:
乳成分

ファミリーマート「フラッペシリーズ」で定番の、カフェフラッペが2018年5月に新しくなりました。

パッケージも可愛くなっていて、つい手を伸ばしてしまいます。他のフラッペと同様、冷凍コーナーに並んでいますよ〜

フラッペとはそもそも何なのか?

frappéはフランス語で、細かく砕いたかき氷にシロップなどをかけたデザートのことです。氷を使ったカクテルの名前でもあるみたいですよ。

ファミマのフラッペは、機械に持っていってホットミルクをかけ、自分で混ぜて完成させるのが特徴です。

 

<南米からのこだわりコーヒー豆>

ブラジル産とコロンビア産のコーヒー豆から抽出したコーヒーエキスを使用しています。さらにエチオピアモカの微粉砕豆を加えることで、コーヒーの豊かな香りとコクを出しているそうです。

これは結構本格的なコーヒーの味がしそう。

今回はファミマでコーヒーを買い、持って帰って自分で作りました。ミルクを温めるのが面倒ですが、帰宅途中に溶けるより良い!

自宅で作る方は参考にしてくださいね。

 

<自宅でフラッペを作る方法>

まずは熱すぎない程度に、カップ半分くらいのミルクを温めます。氷を多めに溶かしたい人は熱めで構いません。

その間に、フラッペの蓋を開けて準備します。

蓋がドリルのような形になっていて、氷の真ん中に穴が空いています。

手でカップを揉み、氷を細かくします。冷凍庫から出したばかりでもそんなに硬くないので、やりやすいです。

ミルクが温まったら、本体の7割程度までミルクを入れてストローでかき混ぜます。

混ぜてる途中。やりにくい。氷もっと細かくしといたら良かったかな、、

完成!

簡単です。甘めが好きな人は、ミルクを多めに入れても良いかもしれませんね。

 

<従来品よりもミルク感アップ>

従来品に生クリームを加えることで、さらにミルク感を感じられるようになっています。

予想よりも結構甘い。コーヒー感を求めている人は、別の商品を買った方がいいかもしれません。

甘党の私には、生クリームのこってりな甘さがいい感じ。

氷は割としっかり残るので、夏の涼みたいときなどに、ぴったりだと思います。

スタバのフラペチーノよりは甘くなく、値段も低いので手が出しやすいのではないでしょうか?

パッケージ画像
AD

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 アイスホリックの戯言